活性酸素増加の原因にもなる炎症。活性酸素で病気を悪化させる前に除去するには?

スポンサーリンク






活性酸素増加と炎症の関係は?


日常生活の中で私たちのカラダは様々な外敵にさらされています。それは家の中にいても、外出していても同様です。
ウィルス・細菌、化学物質、アレルギー物質、紫外線・放射線、物理的な刺激など、細胞や組織を壊す外敵は数多く存在しています。
しかし、カラダにはその外敵から細胞や組織を守るために「免疫」が働いてくれています。外側からの侵入者に対抗するためにいろんな免疫細胞があるのですが、体内でその免疫細胞が外敵と戦っているときに発熱したり、部分的に炎症を起こしたりするのです。そしてその炎症がひどい場合には、投薬することで炎症を抑えていくことになります。

慢性的な炎症が活性酸素を増加させる原因に


ちなみに、炎症は免疫作用のひとつで、傷ついたときに細菌などの外敵が侵入しないようにするものです。
体内に侵入した外敵を攻撃するために、好中球という白血球細胞が活性酸素のひとつである過酸化水素を大量に発生させ、ミエロペルオキシターゼという酵素によって次亜塩素酸へと変えます。作られた次亜塩素酸によって外敵である細菌を殺そうとするのです。
しかし、問題があるのはココです。外敵だけではなく、辺りかまわず次亜塩素酸を放出してしまいますので、自分自身の細胞も傷つけてしまいます。
さらに、余分になってしまった過酸化水素の一部はヒドロキシルラジカルへと変化します。ヒドロキシルラジカルは反応性が非常に高いので、外敵に到達し攻撃をする前に自分自身の組織を攻撃してしまうのです。そしてその攻撃した自分自身の死骸から細胞の中味が放出されます。すると放出された中味を処理するために、炎症作用を増大します。外

敵だけを攻撃すればよいのですが、そのようなことが可能なわけではなく、そのあたり全体を攻撃するので、赤く腫れたり、熱をもったり、痛くなったりしてしまうのです。これが炎症と呼ばれる反応です。そして、当たり前のように傷も治りにくいものになってしまいます。

この炎症が慢性的に起こっている状態というのは少しよくないようです。微弱な免疫が常に働いており、自覚症状がないレベルでの炎症がずっと続いている状態なのです。

この慢性炎症は、自覚症状がないレベルで長期的に続くことで、自分のカラダに影響を与えてしまうことになるのです。気づかないうちに自分のカラダを自分で攻撃している状態が続いてしまっているのです。

例えば、長期的な「胃炎(ピロリ菌)」がつづくと「胃がん」の原因になりますし、自覚症状のほとんどない「糖尿病」も糖化劣化部の炎症が多くの合併症を引き起こします。問題は「自覚症状がないので、知らず知らずのうちに放置されてしまう」ことにあるようです。一過性のものは炎症自体が小さいので放置されてしまい、それが長期間になることが問題のようです。

慢性的な炎症には原因がある・・・


慢性的な炎症の原因は以下のことが考えられます。

・感染が続いている状態
・アレルギー
・活性酸素(悪い活性酸素)

感染が持続している部分やアレルギーで炎症を起こしている部分からも活性酸素は大量に発生しているのです。炎症と活性酸素はお互いに増幅するという関係になります。
ですので、慢性的な炎症を抑えるには、「炎症の原因を取り除く」ことが重要です。それは、感染している菌・アレルギー・活性酸素を取り除くことです。酸化・糖化・炎症の原因を取り除くことで、細胞自体を活性化させることができます。細胞を正常な状態に導くことが大切です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする