活性酸素の発生源を知ることが酸化予防への第一歩

スポンサーリンク






活性酸素の発生源を知ることが酸化予防への第一歩


私たちの身体に取り込まれた酸素は赤血球によってそれぞれの細胞へ運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させています。その時、消費された酸素の2%は必ず活性酸素になっていきます。紫外線やタバコなど色々なものが活性酸素の発生に関係がありますが、その他の活性酸素の発生源をみていきましょう。

・タバコ〜喫煙〜
喫煙は肺ガンなどの疾患を引き起こす可能性があります。タバコの煙に含まれているのはニコチン、タール、フェノール、ニトロソアミンといった発がん物質、窒素酸化物等の有害物質、さらに活性酸素そのものである過酸化水素水です。煙草の害のいちばんは活性酸素でしょう、なんせ活性酸素そのものが含まれているわけですから。タバコは1本で100兆もの活性酸素を発生させます。もちろん、それだけではありません。タバコに含まれるタールが肺の壁(肺胞壁)に付着すると白血球がタンパク質分解酵素を出したり、活性酸素をふりかけたりして有害物質を取り除こうとします。さらにこの活性酸素(スーパーオキシドラジカル)は過酸化水素水へと変化し、その過酸化水素水は煙の中の窒素化合物と反応し、活性酸素の中でもっとも強いヒドロキシルラジカルを発生させ、肺を攻撃していくのです。
肺胞壁はタンパク質でできているのですが、マクロファージが出すタンパク質分解酵素によって分解されてしまいます。通常、タンパク質分解酵素と同時に抑制酵素の働きでタンパク質そのものは分解されないのですが、大量に発生した活性酸素により抑制酵素そのものが排除されてしまうのです。結果として、肺胞壁そのものも分解され、肺は表面積が減少し、昨日そのものが衰えていきます。このような経過をたどり肺がんや肺気腫になったりしてしまうのです。
さらに、抗酸化物質であるビタミンCも破壊されてしまいます。ビタミンC不足は免疫力も下げてしまいますので風邪を引きやすくなったり、その他病気になりやすくなったりします。

・ストレス
ストレスがかってしまうとストレスホルモンの一種であるコルチゾール生成時に活性酸素を発生させます。コルチゾールとは副腎皮質から分泌されるホルモンで、糖質コルチコイドの一種です。糖代謝をはじめ、タンパク代謝、脂質代謝、電解質の代謝、骨代謝、さらに免疫機構にも関与しており、生命維持に不可欠なホルモンです。炎症を抑制する作用もあります。ストレスに関与し、過度なストレスを受けると分泌量が増加しますが、その反応はとても敏感です。コルチゾールは免疫機能の重要な役割をになうNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の機能を停止させてしまいます。ストレスホルモンとも呼ばれています。

・アルコール
アルコールを取りすぎてしまうと肝臓で解毒が始まるのですが、アルコールはアセトアルデヒドから酢酸へ分解されていきます。この時に活性酸素が発生しています。大量にアルコールを摂取すると分解が進みますので、活性酸素を大量に発生させてしまうことになります。さらに、アセトアルデヒドが完全に分解されないと、翌日は二日酔いで頭痛が起こります。肝機能の低下が原因だったり、アルコールのとり過ぎなどで起こるのですが、アセトアルデヒドは肝臓の炎症の原因にもなります。

・紫外線
紫外線を浴びると紫外線の刺激で身体に活性酸素が発生します。肌を露出して歩くことや、家の中でも紫外線を避ける事ができない場所もあります。ちなみん、晴れた日にする布団干しや衣類の虫干しは雑菌に紫外線を浴びさせて活性酸素を大量発生させ、雑菌に死んでもらうのが目的です。

・油の多い食事
食事から摂取した脂質は腸内で分解されますが、過剰に摂取され分解できずに残った脂質は肝臓で解毒・分解されるのですが、その代謝の過程で活性酸素が大量に発生してしまいます。

・コレステロール
コレステロールの表面にある脂質はすぐに活性酸素と結びつき酸化してしまい、血液のどろどろの原因・過酸化脂質が血管内に付着し、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの原因となります。

・激しい運動
激しい運動をすると一時的に筋肉が虚血状態になります。その後再開した血流は大量に活性酸素を発生させてしまいます。

・運動不足
運動不足になってしまうと抗酸化酵素の働きが著しく低下し、そのおかげで活性酸素が増えていきます。

・ウイルス
ウイルスが侵入した身体は対抗策として白血球を使って活性酸素を発生させます。このウイルスと活性酸素の攻防戦が長引くにつれ活性酸素の量がだんだんと多くなっていきます。

・大気汚染
大気汚染の原因となる窒素化合物は強力な酸化物質で、吸い込みますと身体の中に活性酸素を増加させる原因となります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする