本当は怖い歯周病の真実!活性酸素が原因で歯周病まで引き起こしてしまう!

スポンサーリンク






本当は怖い歯周病の真実!歯周病は万病のもと!?


知らない間に進んでしまっている歯周病。痛みなどほとんどない歯周病は、最悪の場合は歯が抜けてしまうという本当は怖い病気なのです。歯周病は厚生労働省によれば、日本人の約7割の方がかかっていると言われています。しかも、30歳以上の80%がかかっているとも言われ、そのうち7~8割の方が治療せずに放置していると予想されています。

歯周病は歯周病原性細菌が感染することで発症します。免疫と活性酸素の関係については、【活性酸素の本来の働きは?わたしたちのカラダにどうして活性酸素が必要なのでしょう?】でも詳しく説明しています。最近の研究では、免疫力の低下もその原因に大きく関与していることがわかってきました。

まずは歯周病について少し詳しくみていきましょう。

歯周病ってどんな病気でしょう?


歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症疾患です。歯周ポケットと言われる歯と歯ぐきの境目・すき間にある溝から進行していきます。歯磨きが上手にできていないとこの歯周ポケットに汚れ・細菌がたまっていきます。歯垢や細菌がたまり続け、歯ぐきの周り・内側が炎症を起こしたり、腫れたりします。しかし、このときに痛みなどの自覚症状はほとんどの場合ありません。そして、気づかないうちに進行すると歯周ポケットが深くなり、歯槽骨と呼ばれる歯を支える土台が破壊され、歯がぐらぐらになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

歯周病の原因になる歯垢(プラーク)は悪玉菌の棲みかになる


わたしたちの口の中にある歯垢(プラーク)は食べかすではなく細菌の塊で、しかも、プラーク1㎎中の細菌数は約10億と言われています。これらの細菌は普段はあまり悪いことをしませんが、歯みがき時のブラッシングが不十分だったりすると、細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に薄い被膜を作ってつきます。バイオフィルムとも呼ばれ、粘着性が強く、うがいをしたくらいでは落ちません。歯垢にはむし歯や歯周病をひき起こす細菌(悪玉菌)が存在しており、次々とこの歯垢に侵入し増殖していきます。これら細菌性プラークが歯ぐきに炎症を起こし、歯を支えている骨(歯槽骨)まで溶かします。
歯の表面に付着する歯垢はブラッシングで取り残した分は歯の表面で硬くなり、やがて歯石に変化してしまい、歯の表面に強固に付着します。歯石になってしまうとブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石もやっかいで、歯石の中や周りに歯周病菌がどんどん入り込み、歯周病をますます進行させてしまうのです。

活性酸素が歯周病を進行させる原因に


上記のように歯周病は歯周病菌で歯ぐきにに炎症が起こります。炎症が起きると免疫活動が活発になり、免疫細胞から活性酸素が出やすい状態になるのです。しかも気づかないうちに炎症を起こしているので、その炎症は慢性的に続くことになります。歯周病菌を撃退するだけでなく、歯ぐきの組織・細胞にも活性酸素が過剰に反応し破壊してしまいます。免疫活動が継続的に活性酸素が発生しつ続けてしまうという状況ですので、全身の免疫細胞から活性酸素がでやすい状態にもなっているのです。

社会環境や生活変化のともない、全身の免疫力が低下していることも一つの要因になっています。
私たちのカラダに精神的、肉体的なストレスがかかると、交感神経が過剰に緊張します。交感神経が働いているときは血管が収縮しているので、血流が悪くなっているのです。全身で血の流れが悪くなりますので、当然、口の中・歯ぐきの血流も悪くなっています。そうすると、免疫機能が下がってしまうので、歯周病菌が活発になってしまうのです。このとき、白血球の貪食細胞が歯周病菌を活性酸素で撃退しようとしますが、活性酸素の発生量が増加しすぎてしまい、さらに炎症をおこすことになります。そしてその炎症がまた活性酸素を発生させるという悪循環を生み出しているのです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする